情報商材レビュー

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )で詐欺被害多発!? 解約出来ない裏情報も徹底レビュー

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )

こんにちは、マサキです。

今回は、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )に関する投資案件の解説をしていきます。

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )というのは、でおススメ出来ません。

 

その理由は、ポンジスキームの可能性が高いからです。

ポンジスキームというのは、必要な出資者を集めてお金を集めます。

そして、初めのうちだけは配当金を悪徳業者がくれます。

 

しかし、しばらくして、配当金を出せなくなるので、連絡が途絶えてトンずらされてしまうのです。

そして、預けていた投資金は引き出せなくなるという悪徳商法です。

 

では、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )はポンジスキームではなく、本当に稼げるのでしょうか?

それとも、怪しい詐欺商材なのでしょうか?

調査と検証結果を元に、解説していきます。

 

※もしも、「本当に稼げる副業を知りたい!やってみたい」という方がおられましたら、以下のLINEにお問い合わせ頂ければお答えします。

 

友だちを追加

※もしも、QRコードが上手く読み取れない方は、@686bnpdmで検索をお願いしますm(__)m

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )は稼げる?稼げない?

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )で稼ぐのは、難しいです。

稼げない理由は、6つあるのでご覧下さい。

  1. スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の会社ホームページの内容が更新されず、古いまま
  2. 英語表記ばかりで、怪しすぎる
  3. 現在もスターリングハウストラスト(Sterling House Trust )は運営していて、それを紹介する悪徳業者が存在している
  4. ニュージーランド政府の許可を得ているのに、ニュージーランドに住む人はスターリングハウストラスト(Sterling House Trust )に投資をしていない
  5. 口座開設手数料が、初年度だけで16万2100円もかかってしまう。
  6. 口座の管理手数料が、2年度以降毎年11万5100円もかかる

 

などです。

ちょっと、これだけの理由があったらスターリングハウストラスト(Sterling House Trust )はおススメできないです。

稼げないだけでなく、高額なお金を搾り取られてしまいます。

 

ですので、スターリングハウストラストは関りを断つべきでしょう。

では、始めにスターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の特定商取引法から解説します。

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の特定商取引法

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の特定商取引法は、探しましたが見つかりませんでした。

かなり高額なお金を預けさせるのに、特定商取引法の記載が無いのはアウトです。

 

ちなみに特定商取引法は、消費者が粗悪な詐欺商品を買ってお金を騙し取られないようにするための重要な法律です。

その法律を守らずに、平然と情報商材を売ってるということは、全く稼ぐことが出来ない悪質な詐欺商品を売っているようなものなのです。

 

そのため、特定商取引法の記載が外国語だったり、記載なしなどの情報商材は論外と考え、それ以上手を出さないようにしましょう。

次に、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の仕事内容や初期費用について解説します。

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の内容や初期費用

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の内容は、以下をご覧下さい。

 

  • イギリスのロイズ銀行又はサンタンデール銀行に、プライベートバンク口座を作る。(sterling house trust(スターリングハウストラスト)を稼働させるために)
  • 口座を作れば、毎月1%の配当金がある
  • 元本は安全
  • 5倍から7倍のレバレッジをかけて運用する
  • 安全な銀行債権で運用する
  • 最低金額は、300万円(最高10億円まで)
  • 2年間は、元本を引き出せない(※利息分の3万円は毎月引き出せる)
  • 預ける方法:インターネットバンキング

 

などです。

1%の配当金って、かなり少ないですね…

あとは、元本は安全と書かれてますが、保証があるわけではないので要注意です。

ちなみに、プライベートバンクというのは、資産1億円以上持ってる富裕層しか利用することが出来ない特別な銀行サービスなのです。

 

スターリングハウストラストをまだ検討中の方は、スターリングハウストラストには絶対に300万円預けないで下さい。

取り返せなくなります。

 

それと、銀行債権で年利で12%と書かれていましたが、以下のグラフをちょっとご覧下さい。

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

 

10年後の利回りでも、メキシコやインド、南アフリカ以外は2%もありませんよね。

正直いって、これが現実なのです。

ちなみに、安全な銀行債権で運用とありましたけど、それはどこの銀行なのかなとも感じました。

 

曖昧にするところが、ポンジスキーム詐欺を行う悪徳業者の手口なので要注意です。

そして、次にレバレッジに関する注意点もお伝えします。

プライベートバンクにかけることが出来るレバレッジは、最大でも2倍までとなっています。

 

それ以上は、レバレッジをかけられないのです。

ですので、スターリングハウストラストはかなりデタラメな事を言って、消費者を騙して巨額の詐欺をまだしようとしているのです。

 

次に、初期費用については最低でも300万円必要です。

300万円以下では、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )への投資が出来ないとのことです。

ハッキリ言って詐欺ですね。

こんな高額なお金で運用というのは、酷すぎます。

 

最後に、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )に関する口コミ評判や評価など解説します。

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の口コミ評判や評価

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )の口コミ評判や評価は、探しましたが見つかりませんでした。

ただ、スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )に関する情報を調べてみると、詐欺というワードばかりでした。

あと驚いたことが つあったので、解説します。

それは、解約する場合は3か月もかかるということです。

待たせすぎですよね(怒)

 

あと、2年未満に解約しますと、以下の比率で手数料を取られます。

  • 1年未満:20%
  • 1年以上2年未満:10%

 

解約金も高額ですよね(怒)

あとは、自己破産した場合でも、トラスト法によってお客様が預けた資金は守られるという意味不明な内容もありました。

要は、信託法によって資金は安全に守られるということなのでしょうが、本当にトラスト法があるのか明確な根拠はありませんでした。

 

またしても、デタラメを言っていたことになりますね。

嘘ばかりつくので、スターリングハウストラストにあなたの大切なお金を預けないことが大切です、

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )は稼げる?稼げない?まとめ

スターリングハウストラスト(Sterling House Trust )では稼げないと分かりました。

スターリングハウストラストの最も恐ろしいところは、ファイナンシャルプランナーが紹介してくる点です。

 

ド素人が、ファイナンスシャルプランナーという資格を持った人から丁寧に説明を受けたら、信じますよね。

私自身も、丁寧に説明を受けたら、調べもせずに信じ切ってしまう恐れがあるほどです。

 

そのため、ファイナンシャルプランナーがいくら説得するように強くスターリングハウストラストを勧めてきてもはっきり断りましょう。

「300万円も出せませんので無理です」といった方がファイナンシャルプランナーは引き下がるでしょう。

 

仮に300万円以上の余剰資金があるとしても、絶対にスターリングハウストラストという悪徳業者にお金を預けないようにしましょう。

そして、一番驚いたのはスターリングハウストラストなら贈与税はかからないし、確定申告も不要と書かれていたことです。

 

ここは日本なので、贈与税もかかりますし、確定申告も絶対必要です。

払わないと罰金を払わされるので、関わってはいけません。

 

極めつけは、スターリングハウストラストで年間損益報告書(年間取引報告書)が見られないのが一番ヤバいことです。

 

この書類を見れないのなら、今どんな取引をしているのか?本当に預けたお金は増えているのかが確認できません。

 

ですので、スターリングハウストラストの勧誘をしつこく受けたら、「年間損益報告書を見せて下さい」と言ってみましょう。

スターリングハウストラスト紹介者は、黙り込むでしょうね(苦笑)

 

年間損益報告書が無いのは、120%おかしいです。

これがないと、スターリングハウストラストでどんな取引をして利益が出たのか出ていないのかを見れないからです。

あとは、いつどの時間帯に取引したのかも分かりません。

 

ですので、高額費用を請求して、年間損益報告書を見せてくれないスターリングハウストラストは信用しないよう気を付けましょう。

最後に、私がおすすめする自動売買システムについて解説します。

完全無料で月利50%以上の利益を生み出す自動売買システム

無料で利用できる自動売買ツール(EA)というのは、世の中で40種類以上出されています。

無料で運用できるEAの多くは、月利を出すより先に資金が無くなってしまうものが残念ながら多い現状です。

 

しかし、その中で私も利用している無料EAは月利50%以上生み出すことができるのです。

興味のある方は、以下の記事をご覧下さい。

ブリランテの詳細はこちら!

ビースト1の詳細はこちら!

 

本業が忙しい合間に、副業を「したいな~したいな~」と思っている人は、非常に多くいらっしゃると思います。

私自身、本当に稼げるFX自動売買ツールを知るまでは全く割りに合わないバイトばかりを副業でやっていました。

 

普段は、工場で働いていますので、土日や連休などの休日限定で、単発バイトをすることが多くありました。

しかし、単発のアルバイトは、想像以上にしんどかったのです。

単発バイトの多くは、引っ越しの手伝いやイベント会場の設営や撤去が中心でした。

 

だから、いつも現場が違うし、担当者も違うので、気を遣ってばかりだったのです。

更に、引っ越しの仕事というのは、スピードがかなり求められるので、「重くて持てないです」なんて言ってられないぐらいセカセカしています。

あと、単発のバイトは何一つ保証がございません。

 

単発バイトで、例えば切り傷になって手から血が出ても、どっか膝を打って青血になっても何も保険がありません。

更に、ぎっくり腰や腱鞘炎になっても、労災保険で訴えることさえ無理なのです。

 

しかも、単発バイトは日給制で、多くても1日8000円程度しか稼げませんでした。

ただ、そんな生活を送っていた私でも、FX自動売買ツールを活用して、安定して稼ぐことに成功したのです。

実際に私は、8日間で6万円以上稼ぐことが出来ました。

 

8日間で6万円以上の利益画像

たったの8日で、6万円ですよ。

しかも、私がやったのは自動売買システムにお金を入れただけです。

本当になにもせず、完全放置状態でした。

 

こんな風に、手軽に副業で稼げるようになると、生活も随分と楽になってきます。

これからは、会社の給料だけでは、生活が苦しくなってくる時代に突入します。

ロボット化の時代が、いずれ来た時に私たちの仕事がロボットに取られて無くなってしまう時代がいずれ訪れる恐れがあります。

 

すると、ますます副業や投資などの需要は高くなってくるでしょう。

そのため、今のうちに是非無料自動売買ツールで稼げる仕組みを作っておく事が大切です。

 

今回は、上記のブリランテ又はビースト1を完全無料で提供しています。

「完全無料なら、やってみたい」「ブリランテやビーストに興味がある」という方は、以下のLINE公式アカウントまでご連絡下さい。

24時間以内に、対応させていただきます。

 

友だちを追加

※もしも、QRコードが上手く読み取れない方は、@686bnpdmで検索をお願いしますm(__)m