終身雇用制度は現在、崩壊寸前!?その驚愕の内容とは??

出典:https://www.rakumachi.jp

 

こんにちは、マサキです(^^)

いつも私の記事を読んで頂き、ありがとうございます♪

今回は、終身雇用制度の現在に関するお話です!

 

過去の歴史を振り返りますと、ベビーブーマー世代(50〜60代)の方々は、この終身雇用制度通り、定年まで会社に勤め続けました。

しかし現在は、「人件費カット」「会社の業績悪化」などの理由で、急にリストラされます。゚(゚´Д`゚)゚。

リストラされる本人は、定年まで会社にいたかったのに、突然のリストラは辛すぎですよね(¯―¯٥)

 

そんな中、ネット上で目にするのは「終身雇用制度は崩壊するのか?」という噂が飛び交っています!

これ本当だとしたら、死活問題ですよね!?

果たして、終身雇用制度はこれからどうなるのでしょうか?

 

というわけで、今日は…

終身雇用制度は現在、崩壊寸前ってマジか!?

終身雇用制度の驚愕の内容とは??

などの疑問について、それぞれ説明していきます!!


終身雇用制度が導入された歴史

終身雇用制度が日本に初めて導入されたのは、松下電器社長の松下幸之助さんが考えたからなのです!!

でも、終身雇用制度があるという事は、それだけ1人の従業員に支払う給料がかさみますよね!?

 

また、「仕事をある程度、手を抜いても定年までクビにならないから楽にやろう♪」と考える人もごく一部いるかもしれません!!

では、なぜそんなデメリットが多そうな中、終身雇用制度が導入されたのでしょうか??

それには、意外な理由が隠れていました!!

終身雇用制度が導入された理由

終身雇用制度が導入されたのは、離職率の増加を食い止める為のようですよ(*_*)

詳細は、下記をご覧下さい!!

 

1900年代から1910年代にかけて熟練工の転職率は極めて高く、より良い待遇を求めて職場を転々としており、当時の熟練工の5年以上の勤続者は1割程度であった。 企業側としては、熟練工の短期転職は大変なコストであり、大企業や官営工場が足止め策として定期昇給制度や退職金制度を導入し、年功序列を重視する雇用制度を築いたことに起源を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

 

なんと、100年以上前から転職者は多かったようですね(゚д゚)!

そして、会社側からすれば、「即戦力が辞めてもらっては困る(+_+)」と考えますよね!!

だから、終身雇用制度は導入されたのですね!

しかし現在は、この制度が崩壊寸前という噂が浮上しているようですが、本当なのでしょうか??

終身雇用制度の現在は崩壊寸前説の真相~驚愕の内容あり!~

終身雇用制度は確かに、崩壊されつつあるようです(+_+)

詳細は、下記をご覧下さい!!

 

終身雇用制度には賛否両論ありますが、2016年現在、終身雇用制度は機能しているのでしょうか?

結論から言ってしまうと、「崩壊しつつある」というより、多くの企業ですでに「崩壊している」というのが実情のようです。

例えば、就業規則で定年を60歳とうたっているにもかかわらず、業績悪化を受けて雇用を継続できなくなり、早期退職や希望退職を募るケースは年々増加の一途をたどっています。

終身雇用制度とは、そもそも「業績が右肩上がりに成長する」ことを前提に考えられたものであり、想定通りに企業が成長していかなければ、現実問題として終身雇用制度を維持し続けることは困難なのです。

現在の日本市場は縮小傾向にあり、戦後の経済成長期と同じような成長を見込める企業は決して多いと言えません。

ただし、日本の転職率は欧米に比べると低く、ひとつの企業に長期にわたって勤務し続ける人が多いため、終身雇用制度が完全に崩壊したと言い切れない面があるのも事実です。

出典:http://www.fujitsu.com

 

終身雇用制度崩壊は、現実的になりそうですね(゚д゚)!

というか、欧米が転職者が多いことには驚きましたね(+_+)

 

欧米の雇用状況を調べてみると、「正社員」という言葉よりも「契約社員」という言葉をよく見かけました!!

という事は、日本以上に外国では「定年まで働く」というよりは「自分のライフスタイルに合わせて働く」という考えが一般的なのかもしれませんね(*_*)

では、暗雲が立ち込める日本の終身雇用制度は今後、どうなるのでしょうか??

終身雇用制度についての今後の課題

終身雇用制度の今後の課題としては、大きく分けて長期と短期の雇用条件を掲げる噂があるようですね(゚д゚)!

その内容をご覧下さい!!

 

今後日本企業は、よい人材を獲得しつつ経営効率を維持・向上させていくため、継続的に努力していかなくてはなりません。
こうした取り組みの一例として、「終身雇用を前提とするが、給与はあまり増えない雇用プラン」と「リストラの可能性もあるが高い報酬を狙えるプラン」のように、二本立てで雇用制度を組み立てる方法も模索されています。

いずれにしても、旧来の終身雇用一本槍ではなく、戦略的に自社に合わせた雇用制度を組み立てていく必要に迫られるようになってゆくでしょう。

出典:http://www.fujitsu.com

 

なるほど!今後は終身雇用制度以外の雇用制度が制定されるような動きもあるようですね!!

よく考えてみると、「早期退職制度」やら「金銭解雇」などを導入する企業も増えてますよね!?

これはどういう事かといいますと、会社側から急に「リストラさせるけど、その分退職金は上乗せしますよ!!」という考えの上で、いきなり退職せざるを得なくなる事です(*_*)

 

しかし、不景気な世の中で一生骨を埋めて働き続けようとする方もいると思うので、完全崩壊してしまうのはとても悲しいことでしょうね(ノД)シクシク

では、そんな終身雇用制度崩壊危機に対して、僕たちはどうすればいいのでしょうか???

終身雇用制度崩壊するまでに僕たちがやるべきこと

終身雇用制度が崩壊するまでに、僕たちがやるべきことは副業です!!

驚かれる方が非常に多いと思いますが、僕は副業だと思っています!!

 

なぜなら、今後の10年~20年に、会社で働いて満足の行く昇給やボーナスが得られる保証はありますか??

それに、給料UPが見込めないばかりでなく、早期退職まで迫られたらこっちとしてはたまったもんじゃありませんよね(+_+)

 

なので僕は、そういった終身雇用制度崩壊や昇給UPが期待できない事などを考え、副業をして毎月の安定収入を確保することが出来ました!!

詳しい僕の副業に関する情報が知りたい方は、こちらの記事もご覧下さいね♪

サラリーマンにオススメな副業は何?? アフィリエイト実践記も公開!!

 

家族だったり、家庭生活だったりで金銭的に厳しい世の中ですよね(*_*)

だからこそ、1つの会社だけで頑張るよりも副業を始めることによって、お金の悩みを解決していきましょう!!

終身雇用制度も考え方次第では、退職金を長年勤めることで、その年数に応じてしっかり頂くことなのです!!

 

という事は、副業でその退職金分を稼いでしまったら定年までいる必要はないかもしれませんよ!?

そう考えると、日本の雇用情勢が完全に欧米化する前に、副業を始めることで経済的な対策を取っておくことも今後は必要だと僕は感じております(๑•̀ㅂ•́)و✧

終身雇用制度まとめ

  • 終身雇用制定が導入された理由は、早期退職者が多かったためにそれを阻止するため!
  • 終身雇用制度は現在、既に崩壊しつつある!!
  • 欧米では、「終身雇用制度」というより「ライフスタイルに合わせた働き方」が一般的!
  • 日本の雇用情勢もいずれは、欧米化する恐れがある!!
  • 日本の終身雇用制度が完全崩壊する前に、副業をすることが大切だと思う!!

 

などを今回の記事で紹介しました!!

ちなみに、副業は確かに、やりたいけど会社が禁止しているから厳しい(ノД)という方も多くいると思います!

なので、その悩みを解決するための方法も調べてみたので、良ければご覧下さいね♪

正社員やりながらの副業がばれてしまった!年間所得20万円以下なのになぜ?

 

今後は、メルマガ配信によって、読者のみなさんに更に役立つ情報を提供していこうと思います!!



何をやっても挫折しまくったマサキが革命人になったメルマガ講座
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは♪ はじめまして、マサキと申します( ^ω^ ) 数あるサイトの中で、僕のサイトに来て頂き、ありがとうございます♪ 僕は現在、サラリーマンをしながら役立つ情報記事を書いています!! 目標としては、不器用な僕でもネットビジネスで成功して、脱サラした姿をみなさんに伝える事です! また、このサイトでは、不器用だった僕がどんどんと業績を積み上げて脱サラした姿を一つ一つさらけ出していこうと思っています(笑) そうしていくことで、1人でも多くの方が「私は不器用だから何やってもダメ・・・」という考えから「私も出来る事からやってみよう」という気持ちに自然に変わるサイトにしていこうと思っています(^^♪